復興推進絹市プロジェクト

 

美しい自然と豊かな風土に恵まれた川俣は、古くから「絹の里」として栄えてきました。今からおよそ1,300年前の祟峻天皇の時代、天皇の妃・小手姫(オデヒメ)が養蚕・糸紡ぎ・機織りの技術をこの地に伝えたことが始まりとされています。ここで生産される絹布は、薄手のものが中心で、肌ざわりがなめらかで暖かいと好評を得ています。震災・原発災害からの復興に向けて、この絹製品を中心とした川俣町産業祭を開催致します。是非、皆さんのお越しをお待ちしております。

■日時:平成24年10月27日(土)28日(日) 予定
■会場:川俣町中央公民館

展示即売会予定品
     絹製品 ◎農畜産物 お菓子 ◎日用品 ◎食料品 等

主な予定イベント
   <ステージライブ>
     ◎山木屋太鼓、織姫太鼓  ◎オプヒフラサークル(フラダンス)
     ◎川俣シルキーハーモニーバンド
  ◎シルク4スターズライブ
  
  ◎ザ・シュリンプスライブ
   <その他のイベント>
      ◎しんこ餅まき、餅つき          ◎牛の乳しぼり体験
   
   りんごの皮むき大会